2007年06月28日

ワイヤレス充電パッド「WildCharge」7月世界デビュー

Charge.jpg

iPodもPSPも携帯もノートも置くだけで電動歯ブラシみたいに充電できるワイヤレス充電器「WildCharge」がアメリカで、いよいよ7月発売です。

「どうして置くだけで充電できちゃうの?」―詳しいところは物理のクラス取らないと難しいんですけど、要は「電動歯ブラシのSonicareと同じ誘導式充電を使ってる」ということで、「今年は携帯が電動歯ブラシに追いつく年」というComputerWorldのサブラインがツボですねー。そのうち全室「充電パッド」完備のビジネスホテルも出てきたりして。

ワイヤレス・チャージャーはこの会社以外にもアップル、モトローラ、NTTドコモなど各社独自に開発中で実用化も近いというお話です。充電器や充電アダプターが何個もある状況は避けたいですけど、共通で使えるんなら即買い?




↓↓↓オーストラリア情報の続きはこちら
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


posted by ぼびー at 07:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 気になる記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

ファミコンつき携帯電話

NESPhone.jpg

たぶん任天堂公認ではないでしょうが…

「Gionee S20 slider」は、ファミコンのエミュレーター付きの携帯電話です。お気に入りのゲームのROMを携帯に取り込んでゲームを楽しんだり、TVにつないだり(TV出力コネクタつき)できます。




↓↓↓オーストラリア情報の続きはこちら
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
posted by ぼびー at 07:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 気になる記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

プチプチを無限につぶし続けられる「∞(むげん)プチプチ」発売

putiputi.jpg

荷物を送るときなどに衝撃から物を守るために緩衝材として使われる「プチプチ」。この「プチプチ」の気泡をつぶしたときの感触があまりに心地よいため、衝撃を守るための本来の目的ではなく、ただひたすらつぶすために購入する人もいると言われるアレが、キーチェーン型玩具になってバンダイから販売されるそうです。発売予定は9月下旬で価格は税込819円。

主要なターゲットは20代〜30代の男女らしいですが、プチプチ好きはこの年齢層の人が多いのでしょうか。

詳細は以下から


↓↓↓オーストラリア情報の続きはこちら
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
posted by ぼびー at 19:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 気になる記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

7億7千万円でナポレオンの剣が落札

naponapo.jpg

あの「不可能」って文字が抜けちゃってた辞書を持っていたことでおなじみのナポレオンさんが持っていたソードの一つで、今から200年ほど前にナポレオンがイタリアに遠征してオーストリア軍に勝利した時に実際に持っていた剣なんだそうです。ナポレオンがプライベートで所有した最後の剣なんだそうだ。

今回それがオークションに出品され、640万ドル(約7億7千万円)っと言うとっても高額で落札されたそうです。この剣はこのイタリア遠征の後にナポレオンの弟であるジェロームさんって人に結婚のお祝いの品としてあげたそうなんですけど、今回この剣を出品したのはこのジェロームさんの子孫なんだそうで、さらに落札したのもまたナポレオンの血筋を引く一家なんだそうです。(落札者についての詳しい詳細は明かされていません)

ちなみにこの剣は1978年にフランスでは国宝に指定され、でも法律上は外国人にも販売することは可能なんだそうですが一年の内5ヶ月間はフランス国内においておかなければならないことが決められているそうです。

posted by ぼびー at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

次世代ipod発表か!今度はスライド全画面

ipod1.jpg

6/11-15まで開催されるWWDC2007が近づいてきました。Mac OS X Leopardに関する発表が予想されますが開発がiphoneの関係などもあり遅れているとか、。さらにAppleならきっと新しいiPodを出してくるはず!

という事でエイプリルフールではありませんが次世代ipodに期待しての記事でした、。すいません、。このイメージは次世代のコンセプトデザインをデザイナーさんが作ったものと思われます。確かにコンセプト・デザイン共にすばらしい!このipodが次世代版なら欲しいかな、。買うなきっと!

MOVIEなどのマルチメディアを意識した方向は間違いないのできっと大画面で出してくるでしょうね。さて、本家Appleはどんな次世代コンセプトを打ち出してくれるでしょうか。楽しみですね。


posted by ぼびー at 07:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 気になる記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

注ぐだけで凍っていく謎の液体の正体は?



ペットボトルに入った液体を入れ物に注ぐとみるみるうちに凍っていきます。この液体が特殊なのかというとそうではない、これはただの純水。では注がれる入れ物に細工があるのかというとそうではくこれはただのガラス。ペットボトルに秘密があるのかというとそうでもない。

さて、一体どういう仕組みでこんなことになってしまうのか、まずは注ぐだけで凍る様子、「インスタントアイス」とでも言うべきムービーをご覧ください。
posted by ぼびー at 07:00| Comment(11) | TrackBack(2) | 気になる記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

日本社会で起業するため本当に必要な9つのモノ

dokuro.jpg

ホリエモンによっておそらく本格的に火がついたというか、注目されてきた就職以外の「起業」という選択について、大いなる誤解が跋扈しているので警鐘の意味を込め、どちらかというと学生向けへの忠告なのでしょうか。実際に起業したいと考えている人にとっては不愉快きわまりないネガティブなものになっていますが、これがおそらく日本における現状の真実。起業したいと思っていない人でも、心の片隅にとどめておけば必ず役に立つはずです。あるいは新興企業へ投資する際の判断指標として役立つかも。


■ブルーオーシャンなんてどこにもない
1.「ブルーオーシャン」というのは、2005年に話題になった考え方。競合他社とコスト削減や差異化などで戦う既存市場を血みどろの「レッドオーシャン」とし、そうではなく競争自体を無意味なものにする未開拓市場「ブルーオーシャン」を創造すれば過剰な競争に晒されずに企業は繁栄できる、というもの。ブルーオーシャンなんてどこにもないから、レッドオーシャンでも生き残るだけの計画性と戦略性、そして現実の変化する社会状況に合わせて変えていく柔軟性を兼ね備えることができるように努力する。

■それはロングテールではなくてただのニッチ市場
2.ロングテールではなくてただのニッチ市場狙いにならないようにするため、利益を最大に出す行為と利益の出ない行為から利益を出す、あるいはコストを最小限に抑える行為を念頭に置く。

■その会社は何年続くのか?
3.自分の会社は何年続くのかを考え、最低でも100年間は続けられるように覚悟してマスタープランを練ること。これによって軸のずれない選択が可能となる。

■お前が死ねばその会社は終わる
4.自分が死ねば会社がつぶれるような状態から早く脱却するためには何をすればいいのかを考えること。たったひとりで起業しないこと。必ず社員は必要になる。そもそも起業する際に誰もあなたの考えに賛同せず、社員になってくれる人が一人もいないのであればそのプランは既に失敗です。

■代表取締役とCEOと社長は違う
5.代表取締役とCEOと社長は違う人間にそれぞれすべきだが、不可能であるならば自分の得意な領域と不得意な領域を明確にし、不得意領域はその領域が得意な人に任せること。自分の体はたった一つで、1日は24時間しかないのだから。

■足し算と引き算ができるかできないか
6.足し算と引き算を恐れないこと。計算に必要な実際の数値を根気よく集めて整理すれば、大体驚愕の結果が出るが、慣れれば今度はその結果を自分の望む数値にするにはどこの数値をどのように改善すればいいかが見えてくる。

■ロジックが正しくても利益は出ない
7.ロジックが正しくても利益は出ないので、正面突破以外の方法を常に考えること。

■世の中には会社がたくさんあるという現実
8.世の中には会社がたくさんあるので、多くをそこから学んでお手本にすること。特に成功例よりも失敗例からの方が多くを学び取ることができます。

■挫折から立ち直る方法は挫折することでしか得られない
9.挫折から立ち直る方法は挫折することでしか得られないため、失敗は早めに、そして派手に経験しておくこと。みんなが当然できていることができていないというようなレベルでの挫折が最もキツイので好ましい。起業したいという今の段階で挫折経験がないのであれば、もうやめておいた方がいい。おそらくは失敗せず、そして挫折しない才能があるかもしれないので、既存の企業を大きくするのに向いているはず。がんばって他社の社員になってその企業の中で昇進し、ゆくゆくはトップに上り詰めて乗っ取る道を選びましょう。



posted by ぼびー at 07:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 気になる記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

ブリスベンでヌード洗車サービスが大流行?

sensha.jpg

史上最悪の干ばつに見舞われているオーストラリアでは、水を求めて野生のヘビが都会に出没したり、ラクダがキャンプ場に進入するなど、あちこち珍現象が起きている。

 しかし、最も奇抜な現象は、東海岸沿いの都市、ブリスベーン(Brisbane)に、干ばつ対策として出現した「ヌード洗車サービス」だろう。
「太陽の州」と呼ばれるクイーンズランド(Queensland)州のブリスベーンでは、干ばつにより取水制限が敷かれ、自家用車の洗車も禁止された。

その結果、洗車サービス業が大繁盛。これに目をつけたのが、ストリップクラブを経営するウォーレン・アームストロングさんだ。

早速、洗車ショップ、「バブルズ・アンド・ベイブ」を立ち上げた。その洗車といえば、「トップレス女性による洗車」55豪ドル(約6600円)、「ヌード女性による洗車」100豪ドル(約1万2000円)というものだ。

 地元紙の取材に応じたアームストロングさんは、「ヌード洗車ビジネス」は合法的だと説明する。「ちょっと、一稼ぎできるなと思っただけだ。それだけのことさ」

 ブリスベーン警察によれば、「バブルズ・アンド・ベイブ」洗車ショップについて、公衆の視線の届かないところで「洗車」が行われる限りは、犯罪には当たらないという。また、今のところ「ヌード洗車」に関する苦情はないそうだ。

 アナ・ブライ(Anna Bligh)クイーンズランド州副首相(女性)も、洗車には排水を再利用しており、取水制限には違反していないという。

 しかし、ブライ氏は「車を洗ってもらう方法としては、かなり奇妙で変だわよね」と述べ、彼女自身はもちろん、政府関係者も同サービスを利用する考えはないと話している。

 写真はブリスベーン(Brisbane)で4日、トラックを洗車するビキニ姿の女性。(c)AFP/Heather Faulkner




posted by ぼびー at 09:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 気になる記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

韓国もやちゃった、、。マ●ンガーもとい、テコンV



最近、中国の国営遊園地が堂々とコピーを行っている問題で
ディズニーも困惑しておりますが、韓国も結構やっております。
その名もテコンV。。テコンテコン♪というバックソングが
何とも間抜けな感じですが、漫画界の巨匠、永井豪先生は
どう思うんだろうか、、。テコンってテコンドーのテコンかな、?
posted by ぼびー at 18:00| Comment(7) | TrackBack(1) | 気になる記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

イラク戦争に費やした4560億ドルがあれば何ができる?

bsan.jpg

What does $456 billion buy?

4560億ドルっていわれてもピンと来ませんよね、。
そんなお金があるのならこんな事が出来たのにっていう記事です。

●マサチューセッツ州にある最も金のかかっている高校「ニュートン北高等学校」が2940校建設できる。
●アメリカの全てのドライバーが1年以上ガソリン代無しで車に乗れる。
●全ての車をエタノール燃料で走らせるようにできる。
●1年分の老人医療保障金に相当。
●レッドソックスは松坂大輔と5万2615年契約できる。
●地球上の全ての子供が1年間初等教育を受けることができる。
●毎年4560億ドルが使えるなら、2015年までに全世界の飢餓と栄養失調を解消できる。

何が本当に正義なのでしょか、。分からなくなりますね、。

無駄使い検証ページ
http://www.boston.com/news/nation/gallery/050207_TheCostofWar/




posted by ぼびー at 07:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 気になる記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。